オールインワンゲルで忙しくても美肌を手に入れましょう

オールインワンゲルで忙しくても美肌を手に入れましょう

働く女性にとって、朝の支度にかかる時間は、とても重要です。子供を起こし、食事の支度をして、お弁当を作り、子供の身支度から自分の身支度まで、1分でも無駄にはできません。
ずっと働く主婦をしている私ですが、洗顔後の基礎化粧に時間がかかるのが悩みでした。乾燥肌の私にとって、朝も乳液たっぷりの基礎化粧は欠かせません。化粧水をコットンでパタパタした後コットンパックを最低でも2〜3分します。そのあとは美容液と乳液、そして化粧下地。そこからやっとファンデーションです。時間も手間もかかりますが、それが当たり前だと思っていたので、面倒だとは思いながらも、30代半ばまで続けてきました。
ところが二人目を出産して職場に復帰した頃から、コットンパックをしない日があったり、美容液や乳液をせず化粧水だけで済ます事が増えてしまいました。時間に追われて、肌のお手入れに時間を使うことができなくなっていたのです。
そんな私ですが、最近は朝の基礎化粧にかける時間が、ほんの数十秒に短縮しています。それは、今話題のオールインワンゲルのおかげなのです。
化粧水、美容液、乳液、クリーム、化粧下地が一つで出来るので、朝の忙しい時間には本当に助かっています。
オールインワンゲルの特徴は、ゲルというところにあります。化粧水のように、すぐに蒸発するような水分ではなく、もっちりとしたゲル状の濃い使い心地なので、角質層の深くにまで潤いを届けてくれます。洗顔後には、本当にこれ一つで十分な水分と潤いがお肌に浸透します。
私が使っているオールインワンゲルには、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドも配合されているので、お肌の奥深くまで潤いが届いて、使い続けていくうちに、もっちりとした柔らかい肌質になってきました。朝は手早くオールインワンゲルだけを使いますが、夜はそのあとに今まで使っていたクリームを使います。その方が、翌朝のお肌の状態が良いので、朝と夜で使い方を少し変えています。
忙しいからといって、お肌のお手入れに手を抜いてしまうのは、もったいないことです。いつまでも美しい素肌でいられるように、オールインワンゲルで時間を上手に使いましょう。

オールインワンゲルとは

美肌を保つためには毎日のスキンケアが大切です。洗顔後に入念なケアをされている女性は多いかと思いますが、ほとんどの方がこれを手間だと感じたことがあるのではないでしょうか。そんな悩みを解決してくれるのがたったひとつで化粧水、美容液、乳液、クリームの役割を持つオールインワンゲルです。販売されている商品の種類は豊富で保湿、保水、栄養補給の効果に美白、紫外線予防、化粧下地の効果をプラスした商品や肌の弱い方でも安心して使用できる無添加成分で作られた商品もあります。わずか1分程度でスキンケアを完了することが出来るオールインワンゲルは忙しい女性の強い味方であることは間違いありません。
最近では男性専用のオールインワンゲルも販売されています。女性が毎日しているお化粧が肌に負担を掛けるのと同じように男性がしている髭剃りも肌には大きな負担となっています。また、洗顔フォーム等を使用せず水洗いで洗顔を済ませている男性は毛穴に詰まった皮脂を落としきることが出来ずに汚れで毛穴が詰まってしまうこともあり、肌に掛かるダメージは女性よりも男性のほうが大きいこともあります。男性専用のオールインワンゲルは男性特有の悩みに効果を発揮してくれるので、気になる方は是非一度お試し下さい。一昔前、スキンケアは女性が行うものと考えられていましたが、現在では男女問わず欠かすことのできない日課になりつつあるのかもしれません。

オールインワンゲルの選び方

オールインワンゲルを選ぶ際に気をつけたいことは色々ありますが、重要な3つのポイントを押さえておきましょう。
まず注目したいのはどのような有効成分が配合されているか、また配合された有効成分が自分自身の肌の状態に適したものかという点です。オールインワンゲルの場合、保湿力に重点を置いた上で更に様々な効果を加えて個性や特長を出しています。美白効果やアンチエイジング効果がその代表的なものですが、他にも敏感肌に配慮した製品やパワフルなパック効果で人気のものもあります。
次に使用感や香りが好みに合っていて気持ちよく使えるかという点も大切です。オールインワンゲルのテクスチャは様々で、塗った瞬間にさらりと溶けて水のように溶けるものからしっかり肌の表面に留まるものもあります。また無香料でも多少の原料臭が残っている場合もありますし香りを加えてあるものもあります。毎日使うものですので試供品を使ってみたり口コミなどを参考に好みにあったものを見つけましょう。
そして価格面での比較も重要です。オールインワンゲルに使用されている有効成分の中にはセラミドなど原料価格が比較的高価なものもあり、これらが配合されるとどうしても価格に反映されてしまいます。色々な製品を1グラムあたりの価格で比較した場合、その差が5倍ほどにもなるのです。また同じ成分であっても、例えばヒアルロン酸には原料の違いもあれば分子構造を加工して保水力を高めたものなど様々な種類があります。それぞれ効果や浸透力が違ってきますので成分表などをしっかりチェックして可能なら試用してみましょう。通販されているオールインワンゲルの中には返金制度を設けているものもあります。